原っぱでお昼寝した北海道出張

「北海道出張〜Zフェス開催に向けてライジングサン視察するよ〜」というちょっと無理のある名目のもと二泊三日で北海道に行ってきたんですが、

 

カプセルZの流儀がいっぱい詰まった出張だったし、ライジングサンではイベント開催に対する学びもありました。

 

そして、広島に続き今回も肝臓と胃腸をバキバキに 酷使 鍛えまくりました。

 

f:id:capsule-z:20180815151905p:plain

 

ね、3日間ずっと飲んで食べ続けの鬼スケジュールでしょ。

 

それでは、レポートのはじまりはじまり〜!

 

8/10 なぜか野毛で生ホッピー

バスで羽田空港に向かおうとしたところ、「10時に出たバスがまだ空港に着いてないんですよ…」とのこと。

 

現在時刻は12時。 電車で空港に向かうとかなり早く着いちゃうけど、まあ乗り遅れるよりはいいよねってことで電車移動に急遽変更。

 

すると、電車の中で社長が

 

「ねえ、サカイさん、生ホッピー好きだよね?生ホッピー飲みたくない?」 と。

 

まさかの羽田空港に向かう前に野毛で生ホッピー。

 

この、「予想外のことが発生しても楽しめるし、なんなら当初の予定よりもさらに楽しんでいく」っていうのがカプセルZ流だよなと思いながら、カンパイ!!

 

f:id:capsule-z:20180815142746j:plain

 

生ホッピー2杯を流し込んで、いざ札幌へ。

 

出会いは塩ホルモン屋さんで

札幌に着いて、まずは予約してたノアの方舟さんで夕食を。

 

トロサンマ、美味しすぎた〜!

 

f:id:capsule-z:20180815142836j:plain

 

海鮮焼きも最高でした…。

 

f:id:capsule-z:20180815142844j:plain

 

で、窓の外を見てみたら「塩ホルモン」と書かれた魅力的な黄色い看板を見つけてしまい、しっかりデザートまでコース料理を楽しんだにも関わらず、炭やさんへ!

 

f:id:capsule-z:20180815142924j:plain

 

一寸先が見えないくらいの煙が充満する店内でビールとホルモンにひたすら喰らいついてたら、なんかいつの間にか社長が隣の席の人と仲良くなってる…!!

 

しかも、話してみたらふたりともDJとのこと!

 

これはもうZフェスにDJブース設けるしか…??

 

f:id:capsule-z:20180815143002j:plain

 

てことで、アコさん(写真中央の美女)と連絡先を交換して、わたしたちはお洒落バーSAKANOVAへ。

 

(北海道1日目から3軒はしご。これもカプセルZ流)

 

8/11 念願のライジングサン

 

 

もうね、はちゃめちゃに楽しかったんですが、その楽しい理由を分析すると大きく分けて3つありまして。

 

1. 知らない曲でものりっのり

 

最初MONGOL800のステージに行ったんですが、わたしたちが知ってるモンパチの歌っていうのは「あなた」と「小さな恋のうた」だけでして。

 

でもね、オーディエンスを乗らせるモンパチの技量はもちろんのこと、曲を知らなくてもみんながリズムに乗って自由に身体を動かしてその場を楽しもうとしているその空気感が、

 

まるでずっとこのバンドをデビュー当時から聞いているかのような感覚に陥るくらいに楽しかった!

 

f:id:capsule-z:20180815143448j:plain

 

2. ポイ捨てダメゼッタイ

 

ライジングサンは会場がとても広く移動距離もはんぱないんですが、 どこ歩いててもゴミがひとつも落ちてない!しかも、ゴミ箱もあんまり設置されてない!なのにゴミがひとつも落ちてない!

 

昨年は7万人以上の人が参戦したライジングサン。

 

「ポイ捨てダメゼッタイ」の精神が参加者みんなに行き渡っているのは本当に見事だなと思いました。

 

f:id:capsule-z:20180815143325j:plain

 

3. 楽しさを自分たちで作り出す

 

ライジングサンのテントはほんとカラフル! みんなテントを好き好きに飾り付けてて、手書きのタイムテーブルを貼ったテントなんかもありました。

 

そして手作りのフォトスポットもたくさん! みーんなフォトスポットを見つけては、ばしばし写真を撮って楽しそうに思い出を残してる。

 

すでに完成されてて提供されるだけの楽しさより、みんなで一緒になって作り出す楽しさを大切にしてる。

 

f:id:capsule-z:20180815143358j:plain

 

これら3つのポイントは、Zフェスでも絶対に真似したいなと思いましたし、いやもうほんと。ライジングサン、ほんっとに最高でした!

 

ただ、これを超えるフェスをカプセルZが開催したるからな!!

 

f:id:capsule-z:20180815143218j:plain

 

(この写真、ライジングサンのカメラマンさんにも撮影されたので、ギャラリーに載らないかなってわくわくしてます。)

 

北海道なのにタイ料理

 

マキシマム ザ ホルモンでモッシュに飛び込んでボコボコにされ、

 

サークルモッシュでは滑って転んで全身泥まみれになって、

 

戦場から帰還した戦士のごとく燃え尽きた状態になったところに美女DJアコさんからメッセージが…。

 

「今夜も美味しいもの食べて帰ってくださいね!ランゴカーニバルがおすすめですよっ」と。

 

そして、街を歩いてたら「タイ料理 ランゴカーニバル」の看板が!しかしさすが人気店…!

 

超満席だったので「じゃあもうお店変えよう、そもそも北海道なんだから北海道っぽいやつ食べいこ」となったのですが、

 

「いや、ごめん!もう口ん中がタイだわ!!タイ料理以外ちょっと今日は考えらんない!!もうあえてタイ料理行こ!!」と。

 

結果、サイアムさんに行ったら激ウマだったし、アコさんに出会ってなければ「北海道に来てタイ料理」なんていう選択肢は生涯しなかっただろうしで、もう本当に最高でした!

 

f:id:capsule-z:20180815143614j:plain

 

f:id:capsule-z:20180815143639j:plain

 

 

「予想外のことが発生しても楽しめるし、なんなら当初の予定よりもさらに楽しんでいく」

 

そして

 

「人との出会いや繋がりを最大限に大切にする」

 

これもカプセルZ流だな〜と思いながら、2軒目のALEGRIAさんで牡蠣を飲むようにして食べました。

 

f:id:capsule-z:20180815144503j:plain

 

8/12 「原っぱで寝たくない?」

 

翌朝は、朝10時から魚市場でご飯!そして朝10時から昆布焼酎のロックをぐびぐび!(この昆布焼酎がまたおいしかった〜!)

 

f:id:capsule-z:20180815143722j:plain

 

いい感じにお腹がいっぱいになって、酔いもまわってきたところで

 

「このあとどうする?」

「工場見学的なのとか行きます?」

 

「んー…なんかさ、原っぱで寝たくない?

 

原っぱで寝たくない??

 

観光できる場所もアクティビティもたっくさんあるこの広大な北海道に来て、しかも最終日に「原っぱで寝る」という選択。

 

ありえますか?ありえないでしょ。 友達や家族と北海道行って、原っぱで寝るって組み込みます???

 

しかし我々はカプセルZ。

 

「余白を楽しむ、もはや余白以外はあえて切り捨てる選択もする」ってことで原っぱへ。

 

f:id:capsule-z:20180815143823j:plain

 

(裸足で駆け回ったあとに、30分間イビキかきながら爆睡しました青空の真下で)

 

札幌ドイツ村で大はしゃぎ

 

原っぱで寝たらお腹が空いたので(もう言ってることがわんぱく少年)スープカレーSuageさんへ!

 

素揚げ野菜ゴロゴロでおいしかった〜!

 

f:id:capsule-z:20180815143911j:plain

 

からの「カレー食べたらビール飲みたくない?」ってことで、札幌ドイツ村へ!

 

札幌ドイツ村ではマップやメニューが書かれたチラシを折って帽子としてかぶれるようになっていて、ドイツの国旗も自由に持ち帰れるようになっていたので、

 

しっかり札幌ドイツ村色に染まって大はしゃぎ!

 

f:id:capsule-z:20180815143947j:plain

 

(このとき、ふざけた格好で真顔になるという酔っぱらい特有のノリが流行ってたので写真がシュール)

 

そして、このはしゃぎっぷりを見たスタッフのおねえさんが写真を撮ってくれて、なんと札幌ドイツ村の公式フェイスブックにシュールな写真が載る、という奇跡を巻き起こしました。

 

コメントと写真の表情との落差がすごい。

 

さらにサントリージガーバー・サッポロさんに行き、ここでもふざけた格好をして(ほんと営業妨害!)

 

f:id:capsule-z:20180815144123j:plain

 

だるまさんでジンギスカンをお腹いっぱい食べて、

 

f:id:capsule-z:20180815144054j:plain

 

神奈川に帰りました。

 

さいごに

 

カプセルZの流儀をあらためて痛感した旅だったし、Zフェスに向けての学びもたくさんあった社員研修旅行でした。

 

あとね、最後ね、空港に向かうタクシーの中で打ち上げ花火も見れちゃってね。

 

この花火は奇跡的すぎて嘘でしょ仕込みでしょって思いましたからね。

 

いや、ほんと北海道も最高でした。ありがとう。

 

ああーっ!!!!!セイコーマートのフライドチキン、食べたいいい〜!!!!!!

 

f:id:capsule-z:20180815145116j:plain

 

あ、これライジングサンに向かう朝10時のタクシーの中セイコーマートのフライドチキンとストロングゼロをかっ喰らってたときの写真です

 

(内臓の強さレベル100超えてないと出来ないやつ)

 

カプセルZ サカイ


2018© capsule-z All Rights Reserved.